年賀状は必要か?義務で出すだけだったらいっそ止めてしまう方がいい


年賀状が来ると嬉しいけど、印刷だけの味気ない年賀状なら別にいらない

毎年12月の10日頃になると年賀状を作る準備を始めなければとソワソワします。

ただでさえ忙しい年末に面倒な仕事だと思うけど、新年に届くはがきを見るのは嬉しいものです。

そこに相手の家族の写真があったり手書きのメッセージが添えられていると嬉しさもひとしおです。

そういったことから自分で作る年賀状はパターン化しています。

仕事関係友人関係は毎年自分で描いた絵画を印刷、ごあいさつやメッセージを手書きでいれています。

また親戚などには家族の集合写真にペットの写真を貼り付け送ります。

もう15年ちかくこのパターンを決めているのでなんら悩む必要はありません。

なので家族でどこか出かける際は「年賀状の写真撮るよ」とドレスアップを頼みます。

しかし子どもが大きくなるにつれ5人が揃うこともなかなか機会に恵まれません。

いない子はペットのように丸く切り抜かれ貼り付けられます。

わたしとしては郵送代を使うのだから価値のあるモノにしたいのです。

よくある、表も印刷、裏も印刷。という年賀状を送って来る人は正直??です。

それを見て私はどう反応したらいいのかな?

今年も元気に納期内に印刷が発注できたんだからまぁボケていないのかな?

めでたしめでたしなのかな。

一言添える相手ではないのかな、あなたにとって私なんて??

面倒で面倒で仕方ないのね、年賀状って?との理解でいいですか?

ならやめてしまえばいい。年始に送る必要もないし。

Eメールのほうがまだましだわ。

未来的に年賀状が廃止されればいいなとも思います。

限りある資源の無駄遣いです。

年賀状は古い慣習の生き残りであり、郵政省の金儲け手段にすぎない。

今年からスッパリやめてみたい気もしますが勇気もありません。

ただ年賀状を出してもらっているだけの古い友人が多くいます。

そういう無意味な人間関係を見直し特に大好きでは無い方から徐々に出さないようにしています。

3年続けると相手もわかってくれてもう来なくなります。

そういった人間関係の整理をするため私はノートに1月1日に来た人1月3日に来た人、1月4日1月5日とメモして私が出したからイヤイヤ送ってきた人と、年内クリスマスで忙しい時期に時間を作って投函した人を分けて管理し次の年から「来たら出す式」を取り入れ、制作印刷枚数を減らすように心がけています。

しかし目上の絵の先生などは失礼のないように早めの投函をし、「先生の絵の印刷された賀状がほしいのでーす」モード全開にごあいさつします。

要するにもらった人がうれしくなるプレゼントを真に好きな人同士で送りあえる関係こそが正月の晴れの日にふさわしいのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です