貰って一番驚いたのは裏面が何も描かれていない真っ白の年賀状


さすがに目を疑った白紙の年賀状!その真相は想像するしかない

メールやLINEでの年賀状がある中、毎年ハガキでの年賀状も頂きます。

干支にちなんだイラストや家族の近況報告が入ったものなど、家庭によって個性が出ますので見ていて面白いです。

ただ年賀状を出すほうもその年の人間関係によって誰に出すのか、人によってはハガキとメールで使い分けて出したりすることもありますので、年賀状に関しては年代に分かれて大変さが違っています。

人によっては凝ったデザインや印刷屋に依頼して作成していますし、メールに関してはカウントダウンと同時に送信しますので、内容によっては知らなかった部分まで感じ取ることもできます。

そのことから拘っている人ほど大変さが分かるので、貰った年賀状に関しては感動や面白さがありました。

ただ今まで頂いた年賀状で、個人的にインパクトが強かったのは、新年の挨拶も絵柄も文面もない白紙の年賀状です。

白紙だと自宅まで届くはずがないと思われますが、両面白紙ということではなく裏面のみ白紙になっていたのです。

住所や宛名はしっかりと書かれてしましたので、何も問題がなく自宅に届いたものの裏面は白紙だったので、他の人の年賀状を見た次に裏面真っ白のハガキを見たら、さすがに驚いてしまい2秒くらい呆然としてしまいました。

たまたま送り主と共通の友人がいましたので、年賀状の話しになった時に裏面白紙の年賀状のことを言って話しのネタにし、後で感想を聞かれると面倒ということから、その友人にどういう年賀状だったのか教えてもらいました。

もちろんその友人も白紙の年賀状に驚いたものの、本当の事だと分かってもらうために白紙の年賀状を見せましたら、友人が貰った年賀状を見せてもらいました。

当時は現在みたいにパソコンが普及していなく、年賀状を作って印刷するという技術もなかったで、カラフルな手描きのイラストと小さくコメントみたいな文面が書いてある年賀状でした。

その後、何通かの年賀状を頂いていますが、白紙の年賀状はこの1通のみです。

個人的な解釈ですが、年賀状の送る枚数が多かったことで同じ年賀状を複数作ったことから、1枚だけ他のハガキと重なって確認しないまま送ったことから、たまたま自分のところだけ白紙として届いたのだろうと思う。

この解釈が正しいのかは送った本人でないと分からないですが、手描きで作成するにも時間が掛かったことから、あえて本人に年賀状が白紙だったよというのも嫌味に感じますし、前向きな気持ちでネタにもなっているから、今になれば滅多にない体験をしましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です